ED治療薬調べてみた

ED治療薬

今日はさっそくEDの治療薬なるものがないか調べてみました。
もちろん、みなさんも知っているものもあると思いますが、読んでいってください。

EDの治療薬に代表的な薬があります。一番

知っている人も多いバイアグラ

ED治療薬といえばバイアグラという患者様がおおくいらっしゃいます。全世界ではじめて作られたED治療薬です。1998年にアメリカのフェザー社から発売されました。
翌年の1999年には日本でも医療用勃起治療薬として初めて認可されたED治療薬です。最も歴史が古く、認知度、利用者数と、一番人気があります。最も長く愛用されているED治療薬ですので、実績を疑う余地なしです。

効果時間としては、一般的に4時間から5時間程度であると言われています。個人差はありますが、概ねこの時間位が持続時間です。服用から効果が表れるまでは、30分程度から1時間程度位です。性行為をする約1時間前に服用するのがいいでしょう。

しかし、バイアグラは食事の影響を大きく受けますので、空腹時に服用するよう気をつけましょう。

次はレビトラです

2003年にドイツのバイエル社から発売されました。翌年の2004年に日本でも正式に認可された全世界で二番目のED治療薬です。バイアグラとの大きな違いは「食事の影響を受けにくい」ということが挙げられます。

しかし、勘違いしないでほしいのは「影響を受けにくい」のであって、「受けない」わけではありません。標準な食事であれば影響ありませんが、最大効果を得たい場合は、空腹の時に服用する方がいいでしょう。

効果時間としては、10mgで約5から6時間、20mgなら約8から10時間といった所です。
しかし、レビトラも個人差がございますので、あくまで目安になります。

バイアグラと比べて、レビトラは即効性の高い薬になります。早い人であれば20分程度で効果が表れるでしょう。しかし、こちらも個人差によりバラつきがありますので、確実に効果を得たい場合は性行為をする約1時間前には服用するのがいいでしょう。

ジュースも特に問題ありませんが、グレープジュースとの服用は危険ですので、注意が必要です。

そして最後がシアリスです。

2002年11月に欧州で承認されまさいた。2007年7月に日本でも承認され、同年9月から販売が開始されました。

バイアグラ、レビトラといった2つの商品と違ってシアリスの強みは効果時間。他の2つが10時間をきる中、シリアスは約36時間という圧倒的な効果時間を発揮します。服用のタイミングや時間に気にすることなく使うことができますので、海外では「ウィークエンド・ピル」と呼ばれており、金曜日の夜に服用し、日曜日まで楽しむといった使われ方をしています。

しかし、レビトラのような即効性はなく、かならず性行為をおこなう1時間前以上に服用してください。食事の影響もほとんど受けませんが、食後に服用して効果を感じにくい場合は、空腹時に服用してください。

日本で認可されているED治療薬の中では一番新しい薬剤になりますが、服用のしやすさや効果時間の長さから現在では世界で一番人気のあるED治療薬になっております。

こちらの3つともED治療薬ではありますが、勃起の手助けをする薬です。ED治療薬を精力剤と同じようにみている人もいますが、(以前の僕もです)それとは全く違う薬です。こちらを服用したからといって勝手に勃起するわけではなく、性的な興奮、刺激等がなければ、勃起しない上精力効果があるわけではありません。

あくまで、勃起の補助をおこなう薬であるということです。

また、同じ効果があるといえど、個人差により合う合わない等もあり、そこは使ってみない事には分からないそうです。

レビトラが中折れに効く!などの主張もたまに見かけますが、レビトラであろうと、バイアグラであろうと、シアリスであろうと、自分の体に合うか合わないかが重要なので、そこを意識するようにしましょう。

現在、長時間の持続と自由度の高いシアリスが一番人気があり、僕もそのいつでも気にする事なく使える長時間にひかれつつあります。

読んでくれた方はどう思いましたか?